top of page

- 年別news一覧 -

2018年

2018/12/17 愛媛キワニスクラブ発足 2018年最後の新クラブ発足のお知らせです。 去る12月17日松山市内の「松山リハビリテーション病院」大会議室において「愛媛キワニスクラブ」の設立総会が開催されました。愛媛県内初のキワニスクラブの誕生です。 総会にはキワニス日本地区吉田ガバナー、キワニス日本財団藤原理事長、成長戦略委員会の米澤委員長、またスポンサークラブである神戸キワニスクラブの柴原会長、佐伯副会長らが駆け付け、新クラブの会長として選任されました木戸保秀氏、事務局長二神琢磨氏のもと20名ほどの参加者が参集しました。 吉田ガバナーから「少しでも多くの子ども達が夢を実現できる社会を目指すため手を取り合っていきたい」との挨拶と、木戸新会長から「横の繋がりを広げるため会員増強に努めていきたい」とのお話がありました。 愛媛キワニスクラブはこれまでの多くの方々のご尽力が実を結び今回の発足実現に繋がりました。今回ご報告できます事を大変喜ばしく思います。 今後は国際本部の認証を受け、2019年5月にチャーターセレモニーの開催が予定されています。 (事務総長 杉田 健)

2018/12/12 埼玉キワニスクラブ 第9回子ども作文コンクール表彰式 小学5、6年生を対象にした埼玉キワニスクラブ(山田祐司会長)「第9回子ども作文コンクール」の表彰式が12日同市大宮区の清水園で開かれた。今年のテーマは「わたしの未来」「わたしの大切なもの」「わたしのふるさと」でさいたま市内の32校から計360点の応募があり、入賞・優秀賞・特別賞21作品が選ばれた。表彰式にはさいたま市長賞、教育長賞、PTA協議会会長賞、NHKさいたま放送局長賞、埼玉新聞社賞、産経新聞さいたま総局長賞、テレ玉賞、リビングさいたま賞、アコレおおみや賞、埼玉キワニスクラブ会長賞を受賞した10名の児童と家族が招かれ表彰を受けた。 (広報委員 武井信子)

2018/12/06 大垣クラブがキワニスドールを寄贈 12月6日大垣クラブは、岐阜県総合医療センターにキワニスドール40体を寄贈しました。同クラブの秋山大介会長から人形が入った大きな袋を受け取った同センターの滝谷博志院長は「患者の治療の励みになれば」と謝意を伝えました。この様子が12月7日付け岐阜新聞および12月21日付中部経済新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/11/05 高松クラブ キワニスワンデー「オレンジ&パープルリボンキャンペーン」 11月5日高松クラブは、高松市や市児童対策協議会と共に丸亀町商店街で掲題のキャンペーンを実施しました。これは11月の「児童虐待防止推進月間」と「女性に対する暴力をなくす運動期間」に合わせたもので、高松保育園の年長園児や高松クラブ会員等150名が参加して通行人に相談窓口の連絡先が書かれたティッシュやチラシ等を配って児童虐待やDV防止を呼びかけました。 この様子が11月6日付けの産経新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/11/05 国際キワニス日本地区より平成音楽大学にサークルK認証状を授与 11月5日熊本の平成音楽大学にて約70人が出席して掲題の授与式が開催されました。これは国内5番目のサークルKで熊本では熊本学園大学に続き2番目となります。まず吉田ガバナーが挨拶された後、サークルKの活動に参加する学生36人を代表し、こども学科4年の永松沙央梨さんが「一人一人が輝けるようにしたい」と述べました。 この様子が11月9日付けの熊本日日新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/11/01 横浜キワニス「オレンジリボン運動」  児童虐待についての痛ましい報道が後を絶ちません。毎年11月が強化月間となっており、スタートの1日11時過ぎに横浜駅西口にキワニス会員が集合し、チラシ配布を行いました。オレンジリボンは児童虐待防止運動のシンボルマークです。  チラシには無料相談を行っている団体の紹介やフリーダイヤルを記載しています。チラシと一緒にマスクもセット。オレンジリボンのジャンパーやノボリも用意し、JRや県警の許可を受け、キワニスワンデーの一環として実施しました。  配布中に共感の意見や励ましの言葉をいただき、市民の関心の深さを感じました。活動を通じて少しでも虐待が減ってもらえればと願います。 (広報委員 川崎裕司)

2018/10/17 埼玉キワニスクラブ・キワニスドールシンポジウム 子どもたちにキワニスドールの重要性を知ってもらおうと、「キワニスドールシンポジウム」がさいたま市大宮区のクラーク記念国際高校さいたまキャンパスで行われた。同校の生徒や埼玉クラブの会員など約100人が参加した。今回のシンポジウムでは、作る側の想いやドールが実際に使用されているのかを知ってもらうことを目的に開催。寄贈先でもある自治医科大学附属さいたま医療センターの看護師が「キワニスドールには無限の可能性があるということを再確認した」と語った。今回の講演を受け生徒は24日、ドールの制作教室に参加する予定である。 (広報委員 武井信子)

2018/09/22 青森クラブ「天国から贈られた舞台」 9月22日青森クラブは関係者と共に、劇団わらび座の特別公演「セロ弾きのゴーシュ」を青森市の社会福祉法人藤聖母園にて開催しました。これは同クラブ会員で5月に急逝された玉井尚志さんが生前に「子ども達に夢と感動をプレゼントしたい」と企画していた遺志を青森クラブや遺族、劇団関係者が引き継ぐ形で実現させたものです。多くの善意により実った舞台に招かれた子ども達は夢中で見入っていました。 この様子が9月23日付けの産経新聞と東奥日報に報道されました。 ※ 東奥日報(9月23日)の記事については当該ページに限り利用許諾されています (広報委員長 花井喜則)

2018/09/17 宇都宮クラブの発足  去る9月17日、栃木県宇都宮市の宇都宮グランドホテルで、宇都宮キワニスクラブの設立総会が開催されました。これで日本地区のクラブ数は36、これまで空白だった北関東で初めてのキワニスクラブの発足となりました。  総会には、北里国際理事、佐藤ガバナーなどが駆け付け、30人を超える会員が集まりました。席上、会長に就任された臼井佳子さん(県公安委員長)は、「これからキワニスドールの作成はもとより、様々なボランティア活動を展開し、宇都宮クラブを盤石なものとして参りたい」と抱負を述べられました。  栃木県にはこれまで県内の病院へ、県看護協会を通じてキワニスドールを多数寄贈して来たことから、キワニスクラブとの関係が深まり、今回の発足に結び付いたものと思われます。  なお今後国際本部の認証を受け、11月17日にチャーターナイトを開催する予定です (事務総長 伊藤一實)

2018/08/19 星空観察会 埼玉キワニスクラブなどの協力で8月19日にときがわ町の常平天文台「星と緑の創造センター」にて『星空観察会』が実施された。 宿泊施設併設の同施設の天文台は91㌢の反射望遠鏡などで星空を見ることができる。東京日語学院の留学生や卒業生8人と社会福祉法人雀幸園の高校生20人を招待し、1泊2日の日程で東秩父村の「和紙作り」、加須市の彩次郎蕎麦打ち会の指導で「うどん作り」を体験、夜は「星空観測会」を行った。 観測会はあいにくの曇り空で見えず学生らは肩を落としたが、担当者から天文台の歴史や星の見え方の講義を受け、何億光年の彼方に輝く星に思いをはせた。 夕食はバーベキューで国際交流を深めた。 (広報委員 武井信子)

2018/07/28 横浜キワニス「子供の笑顔コンサート」開催贈呈式を開催  今年で23回目となる横浜クラブ看板プロジェクト「コンサート」を7月28日横浜市社会福祉センターホールにて開催しまた。今年はいきいきと参加できるコンサートを目指し、「クオーレ トリオ」さんが演奏だけでなくトロンボーンで色々な音を出し楽器に興味が持てるお話しもしていただきましたし、工作コーナーも作って夏休みのいい体験を提供できました。  台風12号が接近し中止も検討しましたが、開演前から大勢来場され、開演までの時間にキワニスドールお絵かきコーナーや缶バッジ手造りコーナーで楽しんでもらいました。 自分の写真や描いた絵をバッジにしたり、いくつも作りたい子どもが何度も列に並ぶくらいの盛況ぶり、演奏終了後に予定していた「うちわ」と「ペン立て」工作は早めに帰宅していただくために材料を持って帰っていただく対策を行い、無事に終了できました。 (広報委員 川崎裕司)

2018/07/06 沖縄クラブが「わらびの会」に寄付 7月6日沖縄クラブは、離島や県外から本島の病院に入院する子どもの家族が寝泊まりする「ファミリーハウスがじゅまるの家」を運営するNPO法人「こども医療支援わらびの会」に20万円を寄付しました。贈呈式で同クラブの島田進副会長は「子ども達やその家族の支援に役立ててほしい」と述べました。この様子が7月8日付け沖縄タイムズに報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/07/05 第38回高松キワニス社会公益賞の贈呈式を開催 7月5日に高松クラブの主催で、第38回キワニス社会公益賞の贈呈式が同市内のホテルで開催されました。受賞したのは高松ボランティア協会事務局長の武田佳子さんで、自ら障害がありながら40年近くボランティアの普及と啓発を図る活動を続けていることを評価したものです。 この様子をTV2局が取り上げたのに加え、7月6日付け産経新聞と四国新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/06/14 第46回仙台キワニス社会公益賞の授賞式を開催 6月14日に仙台クラブの主催で、第46回仙台キワニス社会公益賞の授賞式が同市内のホテルで開催されました。受賞したのは同市泉区のボランティア団体「けやきグループ」で、高齢者をサポートして生き生きと暮らせる環境作りに寄与したことを評価したものです。 この様子が6月15日付け産経新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/06/01 名古屋クラブが名市大看護学部学生とドール関連のキワニスワンデーを開催 6月1日に名古屋市内のホテルにて、名古屋クラブ会員と名古屋市立大学看護学部の学生等67人が参加してキワニスドール関連のキワニスワンデーが開催されました。これは、同大学への30個のドール贈呈と同大学松本助教の講演に続き、同クラブ「キワニスドールを作る会」のメンバーが講師となって会員や学生達がドール製作に取り組んだもので、学生の一人は「卒業後に看護師になったら子どもと一緒にドールを作りたい」と笑顔で話していました。 この様子が当日東海テレビのニュースで放送されたのに引き続き6月2日付け読売新聞、6月7日付け中日新聞、6月8日付け中部経済新聞にも報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/05/19 埼玉クラブ第2回ベビーカーコンサート in さいたま 子どもへの支援を行う社会奉仕団体「埼玉キワニスクラブ」(山田祐司会長)は2018年5月19日にさいたま市中央区の市産業文化センターにて「第2回ベビーカーコンサートin さいたま」を開催。子育て中の父母をはじめ、祖父母や乳幼児など約250人が訪れて歌や演奏を楽しんだ。 コンサートは東京藝術大学出身の服部恵さんのピアノ、相川瞳さんのパーカッション、真瀬田紗代さんの歌唱リードによる、カバレフスキーの「道化師のギャロップ」などのクラッシック曲が演奏された他、童謡「森の音楽隊」や「森のくまさん」「アンパンマンマーチ」など子ども達の好きな曲も披露された。 (広報委員 武井信子)

2018/05/11 埼玉クラブ第12回キワニス社会公益賞 子どもへの支援を行う社会奉仕団体「埼玉キワニスクラブ」(山田祐司会長)にて2018年4月25日に「第12回キワニス社会公益賞」の表彰式が行われた。 本年度は、朝霞市で子ども達が自由に遊べる場所を創ることを目的に活動している「NPO法人あさかプレーパークの会」が選ばれた。 表彰理由としては、子どもの遊び場をつくる活動を通して、地域交流の場の創出や子どもの健全育成、地域で子育てをする環境づくりの推進に貢献してきたことが評価された。 (広報委員 武井信子)

2018/05/10 横浜キワニス「社会公益賞」授賞式 社会公益に貢献してきた団体、個人に贈られる横浜キワニスクラブの「第41回社会公益賞」授賞式が5月10日に行われました。  今年の受賞団体は「横浜雙葉小学校父母の会 高風子供園ボランティア」様に決定しました。施設の児童のため「手作りバックの作成、洋服の補修や園内清掃など」心のこもった活動を約40年間続けています。  自分の子供が小学校を卒業すると退会しますが、新しい父母に引き継がれ現在100名以上が活動しています。  大勢の会員が出来る範囲の活動を行うことで長年継続している支援であり、心の通い合う素晴らしい活動を行っています。 同会の活動紹介が5月11日の産経新聞と5月12日の讀賣新聞に掲載されました。 (広報委員 川崎裕司)

2018/04/24 横浜キワニス「キッズゲルニカ披露」  昨年の6月に「キッズゲルニカ」活動がスタートしました。ピカソの「ゲルニカ」絵のサイズと同じ大きさで子ども達が合作絵を描き、世界平和のメッセージを発信するものです。  キワニスクラブにホームステイしていた米国の高校生と関東学院中学高校の生徒が合同で横浜港大さん橋国際客船ターミナルホールにて描き始め、今年3月25日に上永谷中学の生徒達で最後の加筆を行い完成いたしました。  当日は「飛鳥Ⅱ」の出航式典があり、船からも良く見える場所に掲示し船内アナウンスでも紹介されました。掲示には上永谷中の生徒だけでなく、関東学院の生徒たちも大勢参加し、大きな絵の傾斜に工夫したり重りをつけて風でめくれない様にしたりの作業となりました。  1年間国境を越えた子ども達の共同作業で子ども達同志の交流も深めることができ、有意義な締めくくりができたと感じます。横浜港大さん橋での活動紹介が4月24日の神奈川新聞に掲載されました。 (広報委員 川崎裕司)

2018/04/15 高松クラブと大手前丸亀中学校ビルダーズクラブが児童虐待防止啓発活動 4月15日に高松クラブ(佐野正会長)と大手前丸亀中学校ビルダーズクラブの約30名が参加して、高松市のショッピングセンターで児童虐待防止のキャンペーンを行いました。これは買物客に子供女性相談センターの連絡先を記載したカードと湿布薬や風船など2000セットを配布したもので、ビルダーズクラブの森涼葉さん(13)は「緊張したけどいい経験ができた」と話しました。 この様子が4月16日付け産経新聞と四国新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/03/03 青森クラブ認証状授与式が行われる 今年1月13日に国内38番目東北では4番目のキワニスとして発足した青森クラブ(向中野光秀会長)がこのほど国際キワニスの認証を受け、3月3日に青森市のモルトン迎賓館で認証状の授与式が行われました。これに会員や来賓ら70人が参列し、子ども達の支援に向け息の長い取り組みを進めることを誓いました。この様子が3月4日付け東奥日報に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/02/23 大分クラブがチャリティーバザー 2月23日大分クラブ(河上徹治会長)が大分市のガレリア竹町ドーム広場で今年9回目となるチャリティーバザーを開催しました。これはメンバーが持ち寄った洗剤やタオル・バッグなど約300点を定価の半額以下で販売したもので、益金で絵本を購入し県内の病院で闘病中の子ども達に贈るものです。この様子が2月24日付け大分合同新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/01/26 高松クラブが第16回少年ボランティア発表会を主催 1月26日高松クラブが主催して同市内のホテルで第16回少年ボランティア発表会が開かれました。これは高松市内の14校(小学11校、中学3校)の190人が1年間に取り組んだ奉仕活動を報告、感想などを発表するもので、高松クラブは毎年春に各校からボランティア活動の提案を受け、それぞれの活動に対して助成しています。この様子が1月27日付け産経新聞と四国新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2018/01/13 青森クラブ発足 私たちのキワニスに新しい仲間が加わりました。 新たに38番目のクラブとして青森にキワニスクラブができました。 青森の皆さんおめでとうございます。 1月13日設立総会が開催され、会員30名、日本地区吉田次期ガバナー等合わせて40名が出席しました。認証授与式は2018年3月3日の予定です。 真心のこもった支援活動を重視するなどの基本方針と、地域とのネットワーク作り等の活動方針を採択いたしました。活発な活動を展開されることを期待します。今年の方針は「感動して楽しく社会に奉仕にできるクラブを目指す」とのことです。 最後に、クラブの設立にご尽力いただいた関係者の皆さんに厚く御礼申し上げます。 (日本地区ガバナー 佐藤嘉昭)

2017年

2017/12/22 宮城学院女子大学に新しいサークルK発足  サークルKに新しい仲間が出来ました。仙台の宮城学院女子大学で、去る12月22日、25人の仲間を中心にスタートしました。これで日本地区には、4つのサークルKに、キークラブが1つ、ビルダーズクラブが1つと合計6つのSLPが出来上がりました。 今後これらのSLPが連絡を密にしながら活発な活動を展開されることが期待されます。 サークルK宮城学院女子大学の今後の発展を心からお祈りいたします。 (事務総長 伊藤一實)

掲載記事

2017/12/13 埼玉キワニスクラブ第8回子ども作文コンクール贈呈 埼玉キワニスクラブは 2017年12月13日に「第8回子ども作文コンクール」を開催し、全292作品の中からさいたま市長賞=白子姫菜さん(芝川小)をはじめ、さいたま市教育委員会賞、PTA協議会長賞、NHKさいたま放送局長賞、埼玉新聞社賞、産経新聞社さいたま総局長賞、テレ玉賞、リビングさいたま賞、埼玉キワニス会長賞の優秀作品の児童9名を表彰しました (広報委員 武井信子)

2017/12/07 神戸クラブが2団体に社会公益賞を贈呈 12月6日神戸クラブによる「第42回神戸キワニスクラブ社会公益賞」の贈呈式が神戸市内で開催されました。受賞したのは「NPO法人Oneself」(神戸市)と宮崎県串間市大束農業協同組合の2団体です。 この贈呈式の様子が12月7日付の産経新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2017/11/26 高松クラブがキワニスワンデーで保育園児等と児童虐待・DV根絶を訴え 11月26日高松市や市児童対策協議会は同市丸亀町商店街で「オレンジ&パープルリボンキャンペーン」を行い、児童虐待やDV根絶を訴えました。これに高松クラブメンバーや高松保育園年長組園児が参加し、子どもの願いの発表や歌を披露したあと行き交う人々に相談窓口の連絡先を書いたティッシュやリボンなどを手渡しました。この様子が11月27日付け産経新聞に報道されました。 (広報委員 武井信子)

2017/11/11 神戸クラブが「ひょうご県民ボランタリー活動賞」を受賞 平成29年度の「ひょうご県民ボランタリー活動賞」に神戸クラブなど33団体と17人が選ばれ11月8日県公館で表彰式が行われました。これは同クラブの児童館や小児科病棟に絵本や人形を贈る活動が認められたもので、同クラブの野村国世前会長は「今後は青少年と連携したボランティア活動を展開したい」と話しました。この表彰式の様子が11月11日の産経新聞に報じられました。 (広報委員長 花井喜則)

2017/11/09 仙台キワニスクラブの一般社団法人化  11月9日(木)のクラブ総会において、任意団体である「仙台キワニスクラブ」から「一般社団法人仙台キワニスクラブ」への移行手続が完了しました。 任意団体であるキワニスクラブの法人化に際しては、国際キワニスが認め,かつ日本の法令にかなうと公証人役場が認証する定款を採用する必要があります。旧制度の下での社団法人であった東京キワニスクラブが2012年10月に新制度の下での一般社団法人に移行するに際し、日本地区規約委員会(伊藤康成委員長)で英訳した日本の法令に基づく定款案および関連法令を基に国際キワニスと交渉してできあがった定款がありましたので,仙台キワニスクラブの実情に合わせて最小限に手直しした定款(案)を作成し、2017年5月のクラブ総会で採択,国際キワニスの確認および公証人役場での認証を得て、10月30日(月)に司法書士にお願いした法務局での登記を済ませました。しかし、これだけでは、少数の「設立時会員および役員」のみで構成する入れ物の法人ができただけですので、任意団体の会員全員が法人に入会し、また法人が「仙南サテライトおよびその会員を含むすべての資産を承継」する手続を、11月9日の任意団体総会および法人臨時総会で済ませた次第です。 一般社団法人化により、クラブ運営手続きが少し煩雑になりますが、クラブ名義での銀行口座開設や保険加入など数々のメリットがあります。他のキワニスクラブが一般社団法人化を希望される場合には、東京・仙台両キワニスクラブの経験に基づく定款雛形がありますので、日本地区規約委員会では、マニュアルなどを作成して、お手伝いできると考えます。 (日本地区規約委員長 小田忠雄)

掲載記事

2017/11/08 福岡クラブが全国からの義援金100万円を九州北部豪雨被災地の朝倉市に贈呈 11月7日福岡クラブの会員4名が、7月の九州北部豪雨被災地である福岡県朝倉市の森田俊介市長を訪れ、全国のキワニスクラブから集まった義援金100万円等を贈呈しました。同クラブの折田康徳会長は「被災した子どもの支援に使って下さい。」と伝え市長が謝意を示した様子が11月8日付の産経新聞と西日本新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2017/10/28 徳島クラブが徳島大病院入院中の児童にキワニスドールを寄贈 徳島クラブの高橋信子副会長他会員10名が、10月27日キワニスワンデーの一環として45個のキワニスドールを徳島大学病院小児病棟に入院している子ども達に贈呈しました。 昨年設立された徳島クラブとしては初めてのドール寄贈で、同クラブの永廣信治会長は徳島大学病院院長を務めておられます。この贈呈式の様子が10月28日付の徳島新聞に報道されました。 (広報委員長 花井喜則)

2017/10/01 東京クラブの「青少年教育賞表彰式」の実施  東京キワニスクラブは9月30日(土)「青少年教育賞表彰式」および当クラブが支援している若者たちのボランティア団体(ユースフォーラム)の交流会を開催しました。 このうち、最優秀賞を受賞した「僕らの夏休みプロジェクト実行委員会」(東日本大震災被災地の学童に毎年8月にリクリエーションや運動会、勉強支援などに取り組んできたもの)のほか優秀賞2団体、特別奨励賞を受賞した団体など活動の内容が10月1日の産経新聞に報道されました。 (前広報委員長 古屋俊彦)

2017/09/23 昨年設立の沖縄クラブが活発に活動中 昨年10月に設立された沖縄クラブが活発にヴォランティア活動を実施されています。 7月には沖縄県立中部病院にキワニスドール30体を寄贈しました。(8月15日付琉球新報) 8月には沖縄県立南部医療センター・こども医療センター小児病棟中庭に花のプランター80鉢を設置しました。(8月16日付沖縄タイムス) 9月には定期的にキワニスドールを製作し続けている同県真和志高校の制作同好会(累計150体)に感謝状を贈呈しました。(9月23日付琉球新報) (広報委員長 花井喜則)

2017/09/11 国際キワニス会長ジェーン・エリクソンのメディア・インタビュー  国際キワニス会長のジェーン・エリクソンが日本地区の年次総会(松江大会)に出席しました  総会の様子は先の新着ニュースで紹介した通りですが、総会を終えた後にエリクソン会長が東京を訪れたのを機に「The Japan News」と読売新聞の取材がありました。  インタビューは本人が宿泊するホテル内で一時間、内容の濃いインタビューでした。  「The Japan News」では日本の子どもの貧困、いじめ(インターネット)など日本の子どもに関する問題などの情報交換とエリクソンの感じ方、考え方をはじめ日本地区、東京クラブへの期待などが生き生きと印象的に掲載されました。  また、読売新聞の社会面では東京クラブのキワニスドール、子ども食堂のことをはじめキワニス全体のことなどもわかりやすく紹介されています。 (次期広報委員長 花井喜則)

2017/09/09 国際キワニス日本地区年次総会を松江で開催 国際キワニスのジェーン・M・エリクソン会長出席のもと、第41回年次総会と表彰式が9月8日(金)松江市内のホテル一畑で開催され、藤原武平太日本地区ガバナー・中村滋男松江キワニスクラブ会長他約250名の会員が全国より出席しました。またその後の懇親会には溝口善兵衛島根県知事・松浦正敬松江市長等来賓も含め総勢約360人が参加する過去国内最大規模の総会となりました。エリクソン会長はエリミネイト・プロジェクトを例に挙げ「日本地区の協力で世界の多くの母親や赤ちゃんが救われている」等謝意を述べ、「子どもの健全な成長を支えるという精神を守り、活動を続けていこう」と呼びかけました。 この様子が9月9日の産経新聞(山陰)と山陰中央新聞に掲載されました。 (次期広報委員長 花井喜則)

2017/09/01 稚内子どもミュージックサークルエンジェルボイスに社会公益賞(札幌クラブ) 稚内子どもミュージックサークルエンジェルボイスの高井早苗代表と団員3人他が表純一稚内市教育長を訪問し、札幌キワニスクラブの第40回社会公益賞の受賞を報告しました。 団長の吉田千尋君(声問6年)は「賞を取れてうれしい。またみんなで頑張りたい」と笑顔で報告しました。 エンジェルボイスは平成15年11月に発足、現在は4~22歳の団員29名で活動しています。 この様子が9月1日の宗谷新聞と稚内プレスに掲載されました。 (次期広報委員長 花井喜則)

2017/07/25 横浜キワニス「母と子のためのコンサート」開催 今年で22回目となる横浜クラブ看板プロジェクト「コンサート」を7月25日横浜市市民文化会館関内ホールにて開催しまた。昨年「マタニティコンサート」から「母と子」にも対象を広げたため、応募者が多く早々に締め切る状態でした。 今年は小さなお子さんの参加が多く会場内が騒がしくなるのを心配しましたが、開演前からキワニスドールお絵かきコーナーを活用。子ども達がいきいきとお絵かきしているそばで、保護者の方々にドールの使い方も紹介できました。 1部の神奈川県警による「子ども安全スクール」では「うさぎ」の着ぐるみで会場内も盛り上がり、夏休み中の事故防止の啓蒙ができました。 2部では、作曲家の久石譲さんの長女で歌手の「麻衣」さんが「少年少女合唱団」と一緒にコーラスコンサート。元気な子どもたちの声も聴け、ジブリの曲を中心に子どもだけでなく若いお母さん達にも楽しんでいただきました。 (広報委員 川崎裕司)

2017/07/23 留学生の日本語での生活体験スピーチコンテスト(広島クラブ)  広島キワニスクラブ主催の海外からの留学生が日本の文化や生活にまつわる体験を日本語で話すスピーチコンテストが開催されました。  広島県内の大学や専門学校で学ぶ7ケ国・地域の出身者15人が身振り手振りで広島弁も交えて熱弁を振るいました。  最優秀賞に選ばれた韓国出身の広島大工学部2年の金さんで地域の野球チームへの思い入れの強さなど日韓の類似点を指摘。  「両国の関係が良くなれば」と話したことも掲載されました。  この様子が7月23日の中国新聞に掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/07/07 小池和子さん(西宮クラブ会員)の「東京オリンピックへのメッセージ」関連記事  キワニス日本地区ガバナーとキワニス日本財団理事長を務められた小池和子さん(西宮クラブ会員)は大学在学中、1964年の東京オリンピックの際に、表彰式でメダルを運ぶ「ミス・メダル」の一人でした。  華やかなセレモニーを彩る振り袖姿の女性、正式には表彰補助員として活躍されました。  次の東京オリンピックに向けてのメッセージとして随時地方紙等で掲載されているもので(共同通信の各新聞社等への配信)、このたび小池さんが登場し、東奥日報と山形新聞に掲載されました。  マラソンの表彰式の写真をはじめ当時の青いブレザーを着る最近の小池さんの姿も紹介されています。  小池さんのメッセージ「選手の才能が存分に発揮できる大会にしてほしい。そうなれば私たちの心が打たれ、感動できる大会になれば印象に残る。」「けばけばしい大会になってほしくない。」  当時の思い出、印象等を含めて掲載されており興味深いもので是非とも一読をお勧めします。  これに関連する記事が2年前、2015年9月25日(長崎新聞)、10月6日(四国新聞)ほかでも掲載され、当時の新着ニュースにも掲載しました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/07/07 「サークルK熊本学園大学」誕生について 嬉しいニュースがあります。SLPにまた新しい仲間が加わりました。その名も「サークルK熊本学園大学」。設立は去7月7日付、9月5日には熊本市内のホテルで、盛大に認証式が行われる予定です。  熊本キワニスクラブと言えば、国内35クラブの中でも群をぬいて活発に活動が行われているクラブで、会員数もうなぎ登り、様々なボランティアに取り組んでいます。その最中、SLPが加わり活動の中身も更に新しい方向付けがなされるものと期待されます。  これでキワニス日本地区のSLPは5組織となり、相互の交流、情報交換が一層活発になることが予想され、これが弾みとなって更に新しいSLPの誕生が期待されるところです。 (事務総長 伊藤一實)

掲載記事

2017/06/29 サッポロ・シティ・ジャズに母子家庭60人を招待(KJFの助成金活用)  札幌市内で7月2日に開幕した音楽イベント(サッポロ・シティ・ジャズ)に地域のシングルマザーとその子どもを招こうと実行委員会が市母子福祉連合に60人分のチケットを贈呈しました。  これはキワニス日本財団(KJF)の助成金を活用したもので7月8日の「デイタイム親子ジャズ」に40人、22日の「ユニバーサルジャズライブ」に20人を招待するもので橋本道政実行委員長が箭原恭子理事長に連合会事務局で目録を渡しました。  6月29日の北海道新聞に記事が掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/06/28 「サークルK芦屋」がフィリピンと日本の子ども共同でTシャツ作成を計画  芦屋キワニスクラブがスポンサーしている「サークルK」が国際交流イベントを企画、芦屋市内の児童が制作したTシャツをフィリピンに持参し現地の子ども達とともに完成させようというもの。 「サークルK」の大学生や留学生6人が6月26日、芦屋市精道小学校を訪れ、出前授業の一環として児童40人と一緒に16枚のTシャツを作りました。  多彩なフエルトを使い、桜や、富士山、風鈴など日本らしい模様を加えた作業を行いました。  9月にフィリピンの児童施設(リザル市)に持参しフィリピンの子ども達と作業し、バナナなどのフィリピンらしい模様を加えてオリジナルTシャツを完成させる予定です。  この様子が6月28日の神戸新聞に掲載され児童たちの作業の様子が写真入りで報道されました。  また代表の森本さんの「地域と世界の子どもがつながるきっかけをつくり、外国への壁をなくしたい」との抱負も掲載されています。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/06/24 横浜キワニス「キッズゲルニカ」  21世紀になっても戦災に苦しむ子ども達が絶えません。そこで世界各国では平和へのメッセージとして、ピカソの「ゲルニカ」絵のサイズと同じ大きさで子ども達の合作絵を描き上げる「キッズゲルニカ」活動が行われています。横浜でもこの活動をNPO法人「港の風(理事長 沖眞由美)」が企画していることを知り、横浜キワニスクラブも賛同していました。  多くの子ども達に参加してもらう長期的な企画ですが、第1回目は横浜キワニスクラブが協力する事に致しました。ホームステイ中で米キワニスクラブ関係の高校生と横浜の中高生(関東学院中高)を中心に「横浜・愛・平和」をテーマに描き始めました。  国境を越えての共同作業で、子ども達にとっても貴重な体験ができました。 横浜港大さん橋のロビーでの活動紹介が6月25日の産経新聞に掲載されました。 (広報委員 川崎裕司)

2017/06/21 宮崎キワニスクラブがタブレット端末などを中学校に寄贈  宮崎キワニスクラブが宮崎市の宮崎西中学校にタブレット端末11台とインターネットの動画をテレビに映し出す小型機器「クロームキャスト」を寄贈しました。  同校のICT(情報通信技術)支援事業の一環として寄贈したものであり、この様子が写真入りで宮崎日日新聞に掲載されました。 同席した生徒の「授業や行事などで大切に使いたい」、「学校でタブレットを使う機会はなかったのでうれしい」などの謝辞が紹介されています。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/06/17 京都キワニスクラブが「子ども料理教室」を開催  京都キワニスクラブ主催で京都市下京区の京都リサーチパーク内で約20人が家庭料理づくりに取り組みました。  一人親や共働き家庭の小中学生らに栄養バランスのとれた食事づくりの基本を学んでもらおうと開いたもので、エプロン姿の子ども達は保護者らとともに「ゴボウとミンチの混ぜご飯」や「具だくさん味噌汁」などに戸惑いながらも1時間余りで完成、それぞれの手作りの味を楽しみました。 この様子が6月17日の産経新聞に掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/06/15 横浜キワニス「社会公益賞」授賞式 社会公益に貢献してきた団体、個人に贈られる横浜キワニスクラブの「第40回社会公益賞」授賞式が6月15日に行われました。 「盲ろう者」ってご存知でしょうか。目と耳両方に重複障害がある方々です。そのため世間の情報から隔離され、公的サービスがあっても知らされず「引きこもり」状態の方が大勢います。今年は、そういった方々を支援している「神奈川盲ろう者ゆりの会」が選ばれました。平成11年に設立されて以来、通訳や介助者と盲ろう者が一緒になった学習会や「盲ろう児と遊ぶ会」を定期的に開催しております。同会会長の三田幸司さんは「まず盲ろう者の存在を知ってもらいたい。そして専門教育機関の充実や雇用面での改善を通して社会参加の促進を図りたい。」と話されました。 「盲ろう者」を周知し、社会変革の一助になればとの思いで受賞が決定されました。 6月6日の産経新聞に同会の活動紹介が、6月16日に授賞式の紹介が掲載されました。 (広報委員 川崎裕司)

2017/06/09 ボラティア団体「伝承七夕」に仙台キワニス社会公益賞贈呈  仙台七夕の伝承や七夕祭りの制作のための後継者養成、東日本大震災後の仮設住宅での支援交流活動など高齢者をはじめ幅広い層の生きがいづくりに寄与しているボランティア団体「伝承七夕」に仙台キワニスクラブから6月8日、「社会公益賞」が贈呈されました。  この様子が産経新聞(6月9日)に同団体の佐藤洋子代表と仙台キワニスクラブの高木一弘会長の写真とともに紹介されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/06/03 関東ディビジョン「力士とあそぶ会」開催 関東ディビジョンとして一緒になって子どものための企画をしよう。と粟飯原副ガバナーが音頭を取り、6月3日横浜市南区の「日枝小学校」にて開催しました。 相撲人気と当日が横浜開港祭ということもあり、受付開始の午前10時前から多くの方が列を作り始めました。体育館では来て頂いた時津風部屋の力士15人が紹介された後、まわしを付けた子ども達と力士の相撲です。行司衣装を着けた堀会員が行司を務め、次々と立会いが進みます。子ども5人がかりで挑戦したり、力士も2人で対抗したりでしたがすべて子どもチームの勝ち。相撲を取りたい子ども達が後を絶ちませんでした。 子ども達の生き生きした笑顔以上に保護者達も興奮して応援。 相撲の後は力士たちの手作りちゃんこ鍋で舌鼓です。 950人もの来場がありました。 (広報委員 川崎裕司)

2017/06/01「キワニスドール・フェスティバル」(5月20日)の様子が電気新聞にも掲載  5月20日に東京キワニスクラブ主催で行われた「キワニスドール・フェスティバル」につきましては先の新着ニュースで、東京新聞の事前報道とあわせて紹介しましたが、このたび(6月1日)の電気新聞に当日の取材した様子が詳細に掲載されました。  「病気の子供を支援」(東京キワニスクラブ)「都内で人形作りイベント」と題して看護師や保育士の当日のトークセッションと参加者のドール作りの模様がキワニスドール・シニア・アドバイザーの星会員の指導・サポートの姿も入った写真入りで報道されました。  会場の雰囲気と合わせてこれまでの経緯もうまく紹介されています。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/05/26 埼玉クラブ ベビーカーコンサート  埼玉クラブでは、2017年5月20日さいたま市中央区のさいたま市産業文化センターに於いて、赤ちゃん・子どもが泣いても大丈夫な「ベビーカーコンサート」という音楽会を開催しました。  男澤会長は、挨拶の中で、「子どもは、お母さんのお腹の中にいる時から3歳までに良い音楽を聴くと非常に良いと言われている。しかし、就学前の子どもと一緒に生の音楽演奏を聴くのは、非常に難しいのが現状です。ベビーカーコンサートは、子どもと一緒に楽しめる音楽会なので、大いに楽しんでほしい。」と話しました。  乳幼児・子どもを育てている親子、祖父母など約300人が、ショパンの「子犬のワルツ」など、親子で楽しめ、子どもが飽きないような曲を中心に、バイオリンとピアノの生演奏を大いに楽しみました。 埼玉新聞、Yahoo!ニュースに報道されました。 (広報委員 持木一恵)

2017/05/20 キワニスドール・フェスティバルと東京新聞掲載記事 5月20日、東京大手町のパソナグループ本部で東京キワニスクラブ主催、(株)パソナグループと(株)サッポロホールディングスの協賛を得て開催されました。 がん研有明病院、日大病院、国立がんセンター中央病院から看護師と保育士、子ども療養士が出席し、子どもと人形との触れ合いに関するエピソードが発表されました。 また、鈴木健次郎新会員とお嬢さんのアメリカでのドールをもらった経験も披露されました。 130人が参加し、その後はドールの綿詰め作業を行いました。 ドール作成にあたっては3グループに分かれ、星会員、中村会員、高坂会員、細田会員の指導とサポートのもと沢山のドールが出来上がりました。 なお、これに先立って5月15日の東京新聞(都心版、下町版)にも予告記事が掲載され、新聞を見て参加した方々もおられました。 2009年から「キワニスドール・シンポジウム」として続けられているものですが、昨年から 「キワニスドール・フェスティバル」と名称を変更され、今回で9回目になります。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/04/25 藤原ガバナーのプロフィールなどが熊本日日新聞の「談話室」に掲載  藤原ガバナーが各クラブの公式訪問の一環として九州各クラブや関係各県知事などを訪問していますが、このたび熊本日日新聞の「談話室」に藤原ガバナーの顔写真入りでご本人の経歴をはじめキワニスクラブの活動などが簡潔に紹介された記事が掲載されました。  このほか熊本クラブでは熊本市の慈恵病院の「赤ちゃんポスト」への支援再開の方針であることや2018年9月にキワニス日本地区の年次総会が熊本市で開催されることも掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/04/23 南阿蘇中での熊本クラブの復興支援イベント(ダウン症書家の書道教室)  「ダウン症の天才画家」と称される金澤翔子さんが南阿蘇村の南阿蘇中学校で書道教室を開催しました。 金澤さんは自由で感性豊かな表現が注目を集めNHK大河ドラマ「平清盛」の題字などを手掛けています。  熊本キワニスクラブが復興支援イベントとして開催したものですが、「共に生きる」と力強い字で書き上げ、熊本地震を経験した子どもたちを勇気づけました。(約80人が参加)  また、教室では翔子さんと母の泰子さんが子どもたちに書を指導しました。  二人は各地で知的障害者の社会参加を呼び掛ける活動にも力を入れています。  この様子が翌日の熊本日日新聞と西日本新聞に掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/04/04 「みょうほうじ子ども食堂」の開催と新聞掲載記事  4月日、東京キワニスクラブと妙法寺子ども食堂実行委員会共催の「子ども食堂」が杉並区堀ノ内の妙法寺で開催されました。  320人もの親子連れが訪れて大盛況でした。  学士会館精養軒から提供されたカレーが振る舞われ、折り紙やバルーン作りを楽しみました。  東京キワニスクラブ会員も配膳の手伝いや子ども達との対話など交流に努めました。  お寺での「子ども食堂」の開催は珍しいものですが、東京キワニスクラブでは今後も妙法寺子ども食堂実行委員会をはじめ地域ボランティアとの連携を深めて、子どもの成長をサポートするキワニスの目指す方向を踏まえて効果的な「子ども食堂」の開催を計画していく予定です。  なお、当日の様子が産経新聞と読売新聞に大きく報道されました。  藤原ガバナーの配膳を手伝っていた様子の写真とコメント(産経)、鈴木会員のコメント(読売)も掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/03/29 進学資金24人へ各20万円を贈呈(宮崎キワニスクラブ)  「みやざき子どもほほえみ基金」はこのほど貧困家庭の中学生24人に高校への新学資金として20万円ずつを贈呈しました。  宮崎キワニスクラブはこの「ほほえみ基金」を2015年に設立し、同基金を通じてこれまで小中高生11人に対し入寮や制服購入費など計330万円を支援してきたものですが、このたび県内の130校へ出願書類を送付し、応募があった43人からか家庭環境や成績をもとに24人を選考したものです。  3月28日に事業報告会と贈呈式が行われました。 同基金運営委員会の中野道彦委員長は「貧困によって夢が閉ざされてはいけない。しっかりと支えてあげたい」と意義を語った。  また、支援が決まった中学生による「通訳仕」になるため語学を勉強したい」などの夢がつづられたお礼の手紙が読み上げられました。  この様子が地元の宮崎日日新聞に翌日(3月29日)掲載されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/03/02 藤原ガバナーの佐賀クラブ公式訪問と掲載記事(佐賀新聞)  藤原ガバナーは佐賀クラブ公式訪問に際して3月1日佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事にキワニスの活動内容を説明しました。  また、2月28日には佐賀新聞を訪問しましたが、その時の様子が3月2日の佐賀新聞に写真入りで報道されました。  「キワニスドール」、「子ども食堂」などのキワニス日本地区全体で現在力を入れている活動などを紹介したことや藤原ガバナーの経歴も掲載されました。  なお、「佐賀の子ども達と地域のために活発な活動ができるよう、会員が増えてくれれば」との話も載っています。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/02/19 徳島キワニスクラブ認証状授与式  徳島キワニスクラブが発足し、2月18日国際キワニスからの認証状授与式が徳島市のホテルクレメントで行われ、県内の会員や関係者約120人が門出を祝いました。  日本地区の藤原武平太ガバナーから認証状を徳島キワニスクラブの永廣信治会長(徳島大病院長)に手渡されました。  当面はキワニスドールづくりに取り組むこととしていますが、発足呼びかけ人の一人高橋信子副会長の「意見を出し合い、自分たちにできることをどんどんやっていきたい。支援の輪も広げたい」との話も紹介されています。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/02/07 神戸キワニスクラブ、二つの支援学校へサクラの木を寄贈  神戸キワニスクラブでは4月に開校する市立いぶき明生支援学校と県立西神戸高等特別支援学校の2校に1月29日にサクラの木を寄贈し、野村会長とクラブ会員ほか関係者が出席し植樹式が行われました。  いぶき明生支援学校には肢体不自由の児童・生徒約300人、西神戸高等特別支援学校には知的障害の約50人が通学する予定です。  この様子が2月7日の産経新聞に植樹の写真を含めて掲載されました。  神戸キワニスクラブが福祉バザーの収益金から拠出したもので、同クラブ会員で元市長の矢田会員の「キワニスは社会奉仕をする団体。両校の完成に合わせ、サクラを寄贈する話が持ち上がった」との説明も紹介されました。 (広報委員長 古屋俊彦)

2017/01/30 埼玉キワニスクラブ 子ども「能」体験教室  さいたま市大宮では、2000年以上の歴史があると言われる武蔵一宮氷川神社の境内の能舞台で毎年『大宮薪能』が行われる。それは、観るものを幽玄の世界に誘う事から国内屈指の薪能と言われている。その氷川神社のお膝もとの子どもたちに、「能」を体験して理解を深め、日本伝統文化に興味を持ってもらおうと、埼玉キワニスクラブが、子ども「能」体験教室を開催した 文化庁の支援を得て、講師に観世流シテ方能楽師橋岡佐喜男氏(東京、千葉クラブ会員)を招き、さいたま市立大宮東小学校において3日間に渡り行った。 一日目の2017年1月21日、6年生約140人が能の歴史や能舞台についての話を聴いた。 そして、自薦で選ばれた男女児童10人が、21日の午後、25日の2日間、稽古の時から着物、袴を身に付けて、能の中でも有名な演目「高砂」の指導を受けた。 1月30日に、6年生や保護者を招いてお披露目会を実施した。 お披露目会では、着物と袴を身に着けた男女児童10人が、「すり足」と言う独特の所作、舞、謡いで能「高砂」を披露し、見ている人たちを魅了した。  講師の橋岡氏は、「埼玉では初めて指導したが、子ども達は意欲があり、覚えも早かった。これからは、特技の欄に「能」と書いてほしい。」と児童の頑張りを大いに評価した。 能を披露した児童は、「初めての体験だったけど、緊張せずできた。全員の動きが一体となったときに達成感があった。」と話し、笑顔が、輝いていた。 朝日新聞、埼玉新聞、テレビ埼玉、JCOM、ヤフーニュースに報道された。 (広報委員 持木一恵)

2017/01/28 高松「少年ボランティア発表会」と新聞記事  高松キワニスクラブでは毎年、高松市の小中学校の児童・生徒の「少年ボランティア発表会」を開催していますが、1月27日高松市内のホテルで行われました。  今回は15回目になります。  市内15校の児童や生徒が学校や地域などで取り組む奉仕活動の成果を報告するとともにボランティア精神の大切さを学びました。  発表会に参加した小中学校それぞれに活動の助成金(3万円)が贈呈されました。  この様子が産経新聞と四国新聞にそれぞ